ブロックチェーン特化のオンライン完結型プログラミングスクール 「Blockchain Code Camp」がコントラクトライティングからDApps開発までを一貫して学べる『Solidityコース』をスタート!

お知らせ

ブロックチェーン特化のオンライン完結型プログラミングスクール 「Blockchain Code Camp」がコントラクトライティングからDApps開発までを一貫して学べる『Solidityコース』をスタート!

2019 年 3 月 - 2 min read

概要

  • 結論
  • 背景
  • 内容
  • 運営会社
  • リリースに関するお問い合わせ

結論

この度、Blockchain Code Campは、
・ERC20,721トークン(オリジナルトークン)の発行
・ERC20,721(オリジナルトークン)対応のEthereum Wallet開発
・DApps開発
が学べる『Solidityコース』をリリース致しました。

背景

これまでBlockchain Code Campは、全くの開発初心者の方を対象に、HTML、CSS、JavaScriptに加え、Solidityを学んでいただく形のカリキュラムを提供していました。

大変有難いことに、リリース直後から多くの方お問い合わせ、受講申し込みをいただいてきました。その過程で、多くの方からの意見をいただきましたが、その中でも特に多かったのが、「Solidity以降のカリキュラムのみを受講したい」との声でした。

そういった声にお応えするために今回、Solidityのみを集中的に学ぶことのできる『Solidityコース』をリリースするに至りました。

内容

HTML、CSS、JavaScriptなどアプリケーション開発の基礎についてある程度の理解のある方を対象に、Solidityを集中的に学んでいたくカリキュラムとなっております。

具体的には、ERC20,721トークンの発行、発行したトークンの管理が可能なERC20,721対応のEthereum Wallet開発、DApps開発を、現役のブロックチェーンエンジニアのメンタリングサポートを受けながら学ぶことができます。

その過程では、Remix、Geth、MetaMask、OpenZeppelin、Truffle、GanacheなどのEthereum開発に必須のツール群の扱い方についても学ぶことができるようになっています。

講座内で開発するERC20,721対応のEthereum Wallet

「Blockchain Code Campとは?」

「Anyone can create DApps」をコンセプトに掲げ、ブロックチェーンを用いたアプリケーションを用いたこれまでにないサービスを創り出す人材を輩出することを目的とした、「ブロックチェーン特化のオンライン完結型プログラミングスクール 」です。

プログラミング未経験者でも、ブロックチェーンを活用したアプリケーション を開発することができるようになります。

現役のブロックチェーンエンジニアのメンタリングサポートを受けることができることも特徴として挙げられます。

https://lp.blockchaincodecamp.jp

法人様の研修としてご活用いただくことも可能です。

ニーズに合わせたカスタマイズ等も承っておりますので、以下のフォームまたは弊社コーポレートサイトのお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

https://blockchaintechnologies.co.jp

運営会社

会社名:株式会社Blockchain Technologies
所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル7階
事業内容:
ブロックチェーンのコンサルティング
ブロックチェーンの受託開発
ブロックチェーンメディア
ブロックチェーン教育事業
代表者/ 代表取締役 武内 洸太
取締役/ 取締役&CTO 鈴木 健二

リリースに関するお問い合わせ

株式会社Blockchain Technologies 広報担当 安西 翔平
Mail : pr@blockchaintechnologies.co.jp